介護施設でのアロマテラピー〜生徒さんの活動より〜

ナードアドバイザー資格レッスンに通われる介護士の生徒さん。

学んでる最中から、ご自身の職場でどんどんアイデア出して実践される、とっても前向きな方です。

ご自身の職場で働きかけるのって、結構、勇気がいるというか。

いいよね、て言ってくれる人もいれば、

めんどくさ!てなる人もいるから、

人間関係まとめる力がないと、

グイグイといけないのです。

でも、これだ!と思うことを提案していかないと、拓けることもなく、

結局、グイグイ!!が必要になります。

眠れない方のアロマ

眠剤がないと眠れない方に、

ラベンダーとラヴィンツァラのブレンドで背中と首回りをマッサージしたら、

『朝まで目が覚めなかったよー』と感謝されたとの報告。

眠れないときにで有名なラベンダーですが、これも人によります。

ラベンダーがダメな人にはオレンジスィートをお勧めします。

ラベンダーもラヴィンツァラも誘眠作用があります。

ラヴィンツァラは感染症の流行る今、とても有効で、風邪の予防にも役立ってくれます。

鼻の通りもよくしてくれて、免疫力の活性にもひと役買ってくれますね。

ディフューズするには

施設でディフューザーも購入してもらえるように打診中。

この働きかけも必要ですね。

現在もエントランス辺りで、毎日香りをブレンドしているそう。

施設に入って来られる方が、『いい香りがする』と喜ばれていると。

すぐ近くに汚物入れもあるそうで、そのマスキングにも役立っているとか。

アロマで是非推したいところは、

利用者さんのみならず、お客様、ご家族さま、そして、日々介護に関わるスタッフにも、心理効果が得られるところ。

まずは、介護する人が癒されて、いい仕事ができる環境を作ることって大事ですよね。

そして続けるなら、簡単で誰でもできることでないと続かない。

ディフューザーの使い方も楽チンで、お水の中に、精油を2、3滴落とすだけ。

その組み合わせによって香りが変わるから、

『今日の香りが良かったな』など、

スタッフ同士でのコミュニケーションにも繋がり、

楽しんでできるようになれば、続けられそうですよね。

経験からのアドバイス

生徒さんもよく考えて提案されているのですが、

もちろん、いろいろと質問が起きます。

どんな精油がいいですか?

柑橘系の香りって、日本人ウケするのですが、広い空間を香らせようとすると、あまり飛ばない傾向があります。

そこで、時間を区切ってお勧めしたのは、

リトセアやレモングラス。

提案する時には、もちろん価格帯も加味します。

効果がどれほどによくても、【続けられる】が肝心なので、お値段は大切。

私も長く介護施設には慰問していましたので、

必要とされることや、現場でアロマが役立てられそうな案は持ち合わせています。

どんどん質問してもらえると何でもお答え致します。

アロマアドバイザーの受講について

先日もお問い合わせ頂きました。

当校はいつでも入校していただけます。

基本的には講師と受講生との間で日程を決めるフリータイム制となっておりますが、

開講レッスンに合流してもらえるようにお願いしています。

4月以降、私のクラスは受講料が加算されますので、3月いっぱいのお手続きをお願いしています。

詳しい内容は、お一人おひとりのニーズをお聞きして、

希望に添えるような内容でレッスンは進めておりますので、

入校説明会を随時開催しております。

LINEからお問い合わせくださいませ。
友だち追加