ハンドマッサージ定期開催中

先日、ハンドマッサージ講座を開催しました。

ナードアドバイザーを学んでくれた、小学校の先生お二人だったのですが、

しっかり所得があるに関わらず、

貴重なお休みに、何万ものお金をかけて、

学ぼうとする方なので、

言うまでもなく意識が高く、行動しようとするエネルギーのある方たち。

いろんな話が飛び交います。

教育は大事

長年の教職に関わっておられますが、

子供たちは変わっていない!と仰います。

私は今の教育に、

金銭教育と性教育と予防医療の知識が必要と訴えるのに対して、

何もかも学校では無理だと言われるので、

専門家を入れていく方向性や、

それに係る予算の算出方法などの意見交換が盛んに。

今起こる社会問題を俯瞰してみれて、

更に行動できる人ってそうそういないので、

このご縁を大事にしたいです、と伝えると、

『由佳先生には今後も相談にのってもらいながら、実現に向けてのアイデアが欲しいです』

と言って下さり、方向性の確認と、意思の合意を得た感覚。

ハンドマッサージで大切にしていること

ゆったりとした気持ちがもてるよう、

スピードや圧加減は重要と考えますが、

手順であったりは二の次で、

頭で考えることが多い現代に、

五感に感じる心を、

そして、人の温みに触れて癒される感覚を伝えて欲しいと伝えています。

タッチケアをすることで得られるオキシトシン効果は、幸せホルモンの名のごとく、

優しい気持ちを引き出してくれます。

セラピストという仕事

セラピストという仕事はエステティシャンとはちょっと違って、

マッサージ(トリートメント)は、

言ってしまえば付録みたいなもので、

その仕事の8割は人の話を聞くこと。

そして、表層的なことではなく、

奥に潜む心理を思い、

ニーズに応えるスーパーカウンセラーだと思っています。

それほど、自分の話を、言い分を、分かって欲しいという人が多いのです。

学校の教師も、直接関わるのは子供だけど、

その向こう側にいる保護者との関わりがうまくいかないと、子供に影響しますよね。

と、言い当てるように話すと、

堰を切ったように、いろんな話が出てきます。

学校という業界も、人と人の繋がりで、

セラピストと同じように『人を見る』ことを、

幾多とされてきており、

共通するものがある故に、

支え合って、行動していきたいと感じるのでした。

※話が盛り上がりすぎて、ハンドマッサージの写真を撮り忘れる始末(汗)

好評のハンドマッサージ講座は定期開催してます。

次回は3/17(日)10時〜13時

全2回 ¥32,400(植物オイル付き)

※動画撮影ok

※2回目は手技チェック

ご興味おありの方はLINE@からお問い合わせください。

友だち追加