サロンオーナーのためのアロマ講座その2

生徒さんは長年、有名サロンでお勤めされて、昨年、独立開業された方。

「香りが好きだし、香りの果たす効果は侮れないから、ちゃんと学びたい。そして、クライアントの心に届くカウンセリングをしたい」

これが受講動機です。

何千人というクライアントと向き合ってこられているので、年代別の女性の悩みはよくわかっておられます。

サロンはお客様とセラピストが個室でマンツーマンになりますので、心を開示されて、ブワーっとお悩みが涙と共に溢れ出る、

こんな場面は珍しくありません。

心の悩みやキズはお薬では治癒できませんし、セラピストとの相性が合えば、大抵のことが解決したりするのがアロマサロン。

お薬漬けの方や、身体の不調を長きに渡ってお待ちの方は、一度来店されるといいと思います。

さて、

前回のテーマは、自律神経や免疫系、嗅覚ルートからの脳など、アロマテラピーでは核となる大部分をお話しました。

今回は、女性の特有の不調にアプローチ。

前回同様、まずは解剖学から始めます。

身体の仕組みがどうなってて、どこにトラブルが起きるとどの部位に不調が起こるのか⁉️

また、ストレスが溜まると、内分泌ルートが作動し生理が遅れたりこなくなったりするのか。

これらは、クライアントにアドバイスするときに必ず必要になってくる知識です。

ここらが理解できたら、アロマテラピーをどう生かすか。どんな作用があって、どんな効果が期待できるのかのレクチャーです。

そしてそして、

クライアントに何回ぐらいの施術でどこまでのケアが可能なのか、その終着点を金額と共に提示することや、

ボーナス時期に向けてのメニューの組み立てや商品販売への繋げ方。

もちろん、クライアントに愛をもって行うことは言うまでもなく、

でも、経営者なんですから、先の先までを考えて仕事に繋げられなければなりません。

うまく経営できなくてお店がなくなれば、それこそクライアントは行き場を失って困るのです。

…と、こんな感じで、

アロマテラピーの知識のみならず、サロンオーナーとして身につけておきたい経営感覚、実際に抱えるクライアントでお困りのことなどを細かくお聞きして、解決策をも伝授。

前回同様、とても満足度が高く、評価して下さいましたが、

こちら、コンサルを含めた個人レッスンなので、それなりのお金も頂いています。

女性経営者に多いのが、お金を頂く事に申し訳なさを感じる事。

お客様に満足して帰っていただける技術とアドバイスが提供できればいいわけですから、自信を持って臨んで欲しいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サロンオーナーに必要な知識と経営ノウハウなど、個人レッスンとしてご希望される方にも応じています。

その方にあった内容でお伝えさせて頂きます。

アロマのブレンドを学びたいという声も多く、作用を考えながら、クライアントの好きな香りにブレンドするテクニックを教えて欲しい、という声も多いですね。

お問い合わせ、ご予約はLINEからが便利です。
友だち追加