集客にブログやSNSを使うには!?

今日のテーマは、これから起業をしたい方、起業して3年ぐらい経つけど、この先SNSなどを使いながらどうしていこうか!?とお考えの方向けです。

ビジネスに関心のない方は飛ばして下さい。

SNSの本質

自分のサービスを売りたくて、ブログやSNSを利用している人はたくさんいると思います。

自社のサービスを知ってもらうのは至難の業。

無料で使えるツールを使って集客したい、買ってもらいたい、と考える人はいっぱいいます。

だからこそ、その人たちに向けた誇大広告も目立ちます。

『初心者でもわずか◯分で書けるブログ』

『SNSやめたら月収7桁』

とかね。

私、ウソは嫌い。

人を騙すようなことはイヤ。

だから言うけど、考えてみてね。

今や、無料ツールを使ってる人は膨大にいます。

SNSやめたら、どうやって見つけてもらうの!?

大海原に小石を投げて、私を探して!って言ってるようなもの。

それ、探してもらえる!?

キチンと、読者さんに有益な情報を提供していこうと思ったら、数分でブログ書けるかな!?

数分でかけるような記事に読者さんが集まる!?

書いたブログ記事、分析してるかな!?

みんな、ラクに稼ぎたいって思うけど、それが成立するなら誰も苦労しません。

SNSの本質は交流です。プロモーション(宣伝)する場所ではありません。

人と交流するのが目的なので、プロモーションばかりだと、どんどん見てもらえなくなります。

実際、プロモーション記事とプライベート記事とで、いいね!の数を比較するといいです。

エンゲージメント→(超簡単に言うと、反応してくれた数)も分析しましょう。

ブログをビジネスで使うなら

ブログは、ビジネス的に言うと『見込み客を教育する場』になります。

何度も何度も見に来てもらえる価値のある情報、即ち、読者さんが大事な時間を割いてでも見に来たいと思われるような、有益な情報を垂れ流してナンボです。

私の綴るこのWordPressブログでは、訪問者数とページ閲覧数が別々に分析できます。

訪問者数の割にページビュー数がめちゃくちゃあるときもあってね。

それは1人の人が、前に戻って戻って戻って、めっちゃ読んでくれてるということ。

見込み客の教育とは、こうなることを言います。

要するには、自分の書きたいことと、読者が読みたい記事は違うよ、ということ。

だから、お客様目線に立つことが大事って話。

こういうお客様目線でお客様に必要なものを売ることを『マーケットイン』

自分目線で売りたいものを売るのを、『プロダクトアウト』と言います。

マーケットインの考え方

クラファン会期中に上がった声は、

クラファンの意味がわからない、支援の仕方がわからない、他に、

ログインが面倒。でも支援はしたいから入金口座を教えて!

でした。

最近、やたらと「申し込みフォーム」が増えていますが、これも記入が面倒で嫌がられます。

これら、どちらもお客様目線でないのですよね。

イベント主催経験者としては、集客人数が100名とかいるなら、申し込みフォームで管理しないと、リマインダー送るのもとても混乱するのですが、

そのセミナー、何人集めるの?というようなセミナーで、申し込みフォームの記入を求めたら、確実に取りこぼしができます。

なので、少人数開催のものは、どこからでも申し込めるようにしちゃいます。

そう!面倒なことは全部こちら側がやらなきゃダメだということ。

SNSによっても特徴が違うので、理解して使わないといけません。

例えば、

Facebookのお店ページは、どこからでも誰でも閲覧可能ですが、個人アカウントは、Facebookアカウントを持ってる人しか見れません。

となると、よりたくさんの方に知ってもらいたいのなら、お店ページの開設が必須になりますよね。

こういった細かな情報や1人ひとりにあった集客方法なども、個人コンサルの中でお話していますが、皆さん、お困りのことはだいたい重なってきます。

個人コンサルはZoomでも開催していますが、肌感覚を感じたい方は対面がオススメ。専ら、後者を希望される方が多いです。

お問い合わせはLINEから。お気軽に。
友だち追加